じゅうたんは床などの生活の場に敷かれる敷物です。羊毛や綿などで作られ、大量生産が可能なため日本だけではなく、世界中で様々な場所に供給され使用されています。じゅうたんにも色々なものがある為、現在でも高級なものに関しては、壁にかけたりして観賞用として使用するケースもあるようです。しかし、高級じゅうたんほど人が踏んだり、汚れがついて人の手でクリーニングすることによって味が生まれるといいますし、汚れによって値打ちが下がるわけではないようです。

じゅうたんは時代のニーズや生活様式によってその姿を変える家具の一つです。もともとはその美しい模様を楽しむために壁にかけて鑑賞されていたようです。絵画のように扱われていた事から、昔は高額な綿を贅沢に使っているため豪華で特殊なものであったようです。それが大量生産により、一般にも受け入れられ使われるようになったのでしょう。会社や商業施設でもじゅうたんは使われています。会社では正方形の取り外し可能なタイルカーペットが挙げられます。多く普及しているので、今では色々な会社のフロアで見る事が出来ます。この商品は、会社により大小異なるフロアに満遍なく対応し、セッティングできる点と、大きく汚れてしまっても取り外してその部分だけ洗うことが出来るので、手間も少なく経済的であるというこれらの点が非常に優れています。

また商業施設に敷き詰められたカーペットに関してはこれも私たちの生活スタイルの変化に見事に順応していると感じます。最近は大型ショッピングモールが各地に乱立し、また一家に一台自家用車を所有しているといわれます。休日の日に、子供をつれて商業施設を訪れるとすると、子供が床で転んでも怪我をすることはありませんし、雨の日にタイルでスリップして転ぶ事がありません。また、ショッピングモールを歩き回る際に、じゅうたんであれば低反発で足が疲れにくいのでショッピングして回るのにも適しています。また、電気カーペットも家庭に普及しています。エアコンで部屋全体を温めるよりもその面だけを暖かくするので、熱効率も非常に良く、エコな商品となっています。このようにじゅうたんは私たちの生活の一部として様々なところで関わってくれています。それに伴い、その姿かたちも時代のニーズや生活に準じて変化していっています。これからも様々な多様化が考えられますし、われわれもその多様化によって心地よく生活をしていけると思います。